実家を売却するとき|有利にマンション売却を進める方法|騙されないように
集合住宅

有利にマンション売却を進める方法|騙されないように

実家を売却するとき

インテリア

近年では核家族化の進展や都市部への人口集中により、相続した実家の不動産の活用や維持管理について頭を悩ませている人も少なくないといわれています。人が住んでいない場合でも庭木の管理や空気の入れ替えなども必要となるため、実家から離れた土地で生活している場合は維持管理にも労力を使うこととなります。自分や親族の誰かが将来的に実家に戻って生活したりする予定がないのであれば、早期に売却を検討してみるのがよいといえます。不動産の売却を検討するにあたっては、まずは複数の不動産業者に査定を依頼してみるのがよいといえます。複数の不動産業者の査定結果を比較検討することによって、その物件の適正な相場を把握することが出来るようになるからです。

不動産屋への依頼にあたっては、必ずしも一番高額な査定を出してくれた業者に依頼すればよいわけではない点には注意が必要となります。市場の重要に合致しないほどの高値で売りに出した場合、結局買い手がつかずに値下げを強いられるといった可能性もあるからです。極端に他社との査定額が異なる場合などは、その査定根拠や近隣の取引事例などについても確認しておくことが重要となります。また、売却の計画を立てるにあたっては余裕を持った売却スケジュールを立てておくことが重要になります。特定の時期までに売却をしなければいけないような計画を立ててしまった場合、結果として足元を見られて不本意な価格で売却せざるを得ないケースもあるので注意が必要となります。